FMS 1 & 2 2022 神奈川

セミナー
価格
¥ 132,000

すべてのコースコンテンツがデジタル形式で含まれています

カートにいれる

概要

【FMSセミナーとは?】

FMSセミナーは、これまで世界で60,000人が受講してきており、毎月、世界中で数百名もの動作・運動指導のプロフェッショナルが"FMSコミュニティ"に加わっています。
動作への旅はFMSセミナーから始まります。
FMS®︎(Functional Movement Screen)は、疼痛のないクライアントを対象とし、日常生活、労働やスポーツ動作の中で使用される7つのファンダメンタルな動作パターンに対するスクリーニング・評価方法です。クライアントが運動をする上で、傷害リスクとなる機能不全や疼痛を持っているかどうかを判別できます。

FMSの結果と運動・エクササイズに関する原理・原則に基づき、受講者は、正確性と目的をもって動作のコレクティブ ・修正エクササイズ プログラム作成上の決定を下せるようになります。

レベル2では、FMSによって判定されたクライアントへの介入のエントリーポイントから、難易度の低いものから系統的に、コレクティブ エクササイズを基づく介入と指導を行えるようになります。
FMSは、信頼性、妥当性に対してエビデンスのある包括的評価システムです。2019年時点で、FMSに関する200本以上の原著論文が公刊されており、2016年に公刊された、信頼性に関するシステマティックレビュー・メタアナリシスでは、検者内・検者間信頼性があるとされています(Cuchna JW. 2016)。


AT、SC、PT、鍼灸、柔整、健康運動指導士、フィットネスインストラクター、そしてピラティス、ヨガなど、現在保有している資格に関係なく、人の運動・トレーニング指導に関わる全ての人の共通言語、共通のコンセプトとして是非押さえて欲しい内容です。
スクリーン、テスト、アセスメント、コレクティブ ストラテジーまでの一つの流れを学びに来てください。
FMSセミナー受講後には、Functional Movement Systems社の公式サイトにて、日本語でオンライン資格認定試験を受験し、合格後には、資格認定書が交付されます。
なお、受講に際しての資格の要件はございません。
(各種団体のCEUについて下記のページをご参照お願いします。)
https://www.functionalmovement.com/system/allceus


コースの詳細 (COURSE DETAILS)

あなたの動きへの旅はここから始まります。動作は人としての表現の世界共通の言語です。正しく動くための方法や理由を理解することは、よく動くことを志向する助けとなります。ムーブメント エクスぺリンスへようこそ。
FMSでは、客観的に検証され、妥当性のある基準を用いてムーブメントのベースラインを評価し、生涯にわたるムーブメントの成功のための基礎を築きます。そのため、認定資格者は、フィットネス、スポーツパフォーマンス、怪我からの復帰などの目標を達成するために、動作を改善するための最良の機会を発見し、目的を持って正確にトレーニングする方法を判別することができます。
FMSは、運動制限や非対称性を特定するためのスクリーニングツールです。FMSは、現在の痛みや筋骨格の損傷がない人を対象に、機能的な動作の質の鍵となる7つの基本的な動作パターンを測定します。
FMSのスコアリング結果を利用して、動作の原理・原則を実行に移し、プログラムデザインを決定し、目的に応じたエクササイズを選択することができます。FMSは、短期的にも長期的にも、トレーニングプロセス全体を効果的かつ効率的にする継続的なフィードバックツールです。
Level 2コースは、FMSから得られた結果をもとに、クライアントのファンダメンタルな動作のベースラインを改善するためのプログラムデザインやエクササイズの選択を行うことを可能とします。レベル2では、まずムーブメントスクリーンの実施方法と、最良の結果を得るための採点基準の正しい適用方法について詳しく説明します。その後、FMSの結果をどのように解釈するか、その結果に基づいてトレーニングの優先順位をどのように決めるか、そしてクライアントのトレーニング結果を改善するためのエクササイズの応用とテクニックを学びます。
このセミナーでは、ムーブメント コンピテンシーを理解し、それがエクササイズ プログラム デザインに与える影響を理解するための重要なコンセプトを解説します。また、FMSのコレクティブ アルゴリズムによって弱点とされた動作パターンを改善するために使用される主要な戦略・ストラテジーとテクニックを実演し、相互方向なディスカッションとハンズオン・実技トレーニングの機会も設けられています。
このコースでは、FMSのコレクティブエクササイズの要点である、呼吸、モビリティ、モーターコントロール、トランジショナルな姿勢、ファンクショナルローディングに焦点を当てます。FMSの7つのテスト毎に、それらの動作パターンを改善、維持、強化するための最適な方法を提供するために、具体的なエクササイズのプログレッションを解説します。このように動作パターン別に分類されたトレーニング戦略は、クライアントの能力を最大限に引き出すために、エクササイズプログラムのどこから始めるべきか、またどこに焦点を当てるべきかを決定するのに役立ちます。


銀行振込決済及び法人割引をご希望される方は、弊社( info@functional-inc.co.jp )までメールにてご連絡ください。

セミナー

横浜市金沢産業振興センター 大会議室
金沢区福浦1丁目5−2 横浜市, 神奈川県
2022-09-02 10:00:00 JST - 2022-09-02 19:00:00 JST
2022-09-03 09:00:00 JST - 2022-09-03 18:00:00 JST
2022-09-04 09:00:00 JST - 2022-09-04 18:00:00 JST

学習の目的

本コースの目標(COURSE OBJECTIVES)

レベル1

・仕事、スポーツ、日常生活の基礎となる動作パターンを特定する。
・健康とフィットネス上の目標において、動作パターンが果たす真の関係を認識する。
・ムーブメントスクリーニングの重要性を裏付ける原則を説明する。
・基本的な動作におけるモビリティ、モーターコントロール、機能的動作パターンの役割を説明できるようになる。
・正しいスクリーニングテクニックとよくある間違いを特定する。
・スクリーニングの結果を一貫して信頼できるものにするための採点基準を使用する。
・客観的なフィルターとフィードバックツールとしてFMSを使用したプログラムをデザインできる。
・スクリーニング結果に基づいたコレクティブ エクササイズの目的と応用を説明することができる。

レベル2

・FMS のテスト手順と採点基準を正確かつ効率的に適用し、最高の結果を出すことができる。
・FMSを実施する際のよくある間違いを理解する。
・スコアリング結果を解釈し、FMSアルゴリズムを使用して正しい動作トレーニングの優先順位を選択する。
・客観的なフィルターとフィードバックツールとしてFMSを使用し、エクササイズの選択とプログラムをデザインする。
・ムーブメントヘルス、ムーブメントコンピテンシー、ムーブメントパフォーマンスをより効果的に分類することができる。
・基本的な動作におけるモビリティ、モーターコントロール、機能的負荷の役割を説明する。
・正しく判別された動作の制限を改善するために、特定のモビリティとモーターコントロール戦略を適用することができる。
・クライアントの目標、FMSスコアリングの結果、プログラムデザイン、エクササイズの選択を考慮したケーススタディを分析することができる。
・目標達成と長期的な成功のために、FMSを使用するクライアントとのコミュニケーションを強化するツールを提供する。
・個人とグループのプログラムをナビゲートするためにFMSとそのユニークなアプローチを使用して、新規顧客のビジネスと顧客の維持のためのプランを作成する。

含まれるもの


パソコン、タブレット、スマートフォンでコースにアクセスしてください。

学習体験のためにデザインされ、実証されたコンテンツ。

好きな時に好きな場所でコースを受講してください。

これを共有 セミナー